予備知識で知っておく糖尿病のあれこれ。

知っておいて損はない糖尿病のこと。

病気の別名の一覧は、病気や症状の一覧、およびおのおのの病名の別名の一覧(50音別索引、アルファベット順)。 病気(びょうき、disease)、病(やまい)は、人間や動物の心や体に不調または不都合が生じ、医療による改善が望ましい状態であることを言う(本記事で後述)。腎臓の再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。血糖が上昇したときの調節能力(耐糖能)が弱くなり、血糖値が病的に高まった状態(または、高まることのある状態)を糖尿病と言う。しかし、これらの定義を「病気」にそのまま採用すると、日本に1000万人ともいわれる患者が存在する糖尿病や、数多くの合併症をもたらす肥満を正常とすることになり、また特に基礎疾患がなく、偶然的に高身長となった者が果たして「病気」なのか、糖尿病という問題が生じる。糖尿病性ケトアシドーシス(とうにょうびょうせいケトアシドーシス、DKA:Diabetic ketoacidosis)は、糖尿病患者において、インシュリンの絶対的欠乏がもたらす病態である。病気とリダイレクトの一覧は、病気や症状の一覧、及び当該記事へのリダイレクトの一覧(50音別索引、アルファベット順)。ここでは1999年に日本糖尿病学会によって分類された病因による分類である「1型糖尿病」「2型糖尿病」等を用いて説明する。すなわち、異常であれば病気であるともいえないし、病気であれば異常であるとも言い切れず、統計的手法によって客観的に病気を定義することには無理がある。 糖尿病 (とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM) は、血液中のグルコース ブドウ糖濃度が病的に高まって、それに特徴的な様々な合併症をきたすか、きたす危険性のある病気である。一定以上の高血糖では尿中にもブドウ糖が漏出し尿が甘くなる(尿糖)ため糖尿病の名が付けられた(Diabetes=尿、Mellitus=甘い)。 病態生理に基づく病名が一般的でない病気は括弧に括って表記する。
[PR]



by dasdasd57 | 2010-06-12 08:21

糖尿病の知識を知って、予防しよう。
by dasdasd57
プロフィールを見る
画像一覧

その他のジャンル

最新の記事

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧